新極真会 東京城南川崎支部 原宿道場

新極真会 東京城南川崎支部 原宿道場のブログ
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 試合 | main | 後ろ蹴り >>
一筆書きのように
0
    一つの型を初めから終わりまで、ゆっくりと動きを止めずに行ってみました。
    通常の倍くらいのスピードでやると、ごまかしがきかないので正確な動作やバランスを自覚しやすくなります。

    号令で動きを分解するのは、一つ一つの動きを覚えるのには適しています。
    しかし、動きを分解しないで、繋ぎの部分を滑らかにうごき、全体の流れを作っていくことで実戦に使える稽古となると思います。

    稽古中に「一筆書き」みたいだなと思いました。
    今年の稽古の目標の一つに「技を繋ぐ」ことがありますが、「一筆書き」のように動くことはまさにそれを体現しています。

    | - | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.harajuku-dojo.com/trackback/28
    トラックバック